自己流 Vegas Pro~プロジェクトのネスト、文字入力、BGM

VegasPro関連記事は、下記別ブログへ移転します!

「フロリダぶ」
http://msfl.tokyo/

こちらは削除予定ですので、ご留意ください


編集の部分もやっと終わりが見えてきました(*´-д-)フゥ-3

今回は
5) 複数のプロジェクトを組み合わせ(ネスト)
6) テキストの追加
7) BGMの追加


では早速
複数「プロジェクトの組み合わせ(ネスト)」から

VegasProでは、複数のプロジェクトを
タイムラインで組み合わせて、
イベントのように扱うことができます

これを「プロジェクトのネスト」といいます

すでに別のプロジェクトを保存済の場合は
こういうアイコンのファイルが出来上がっているはずなので
プロジェクトアイコン
動画素材と同じように、「プロジェクトメディア」へ取り込みます

難しいことは何もなさそうですが、
私の場合、同じトラックに複数のプロジェクトを混在させると
音声が歪むという現象が出ました

ので、トラックを新規に追加して、
そこに取り込むことで回避しました

トラックヘッダーで右クリック→「ビデオトラックの挿入」
ビデオトラックの挿入

それから、取り込んだプロジェクトをタイムラインへドラッグします
オーディオトラックも自動的に追加されます

あとは、通常のイベントと同じように編集できます

プレミアエレメンツではこれができなくて、
作品によってはタイムラインがなが~くなっちゃって、
編集が大変だったし、メモリ不足で固まるようになって困ったので
個人的にはとてもうれしい機能です(>▽<)

これだけでも変えた価値があるw



では次に、「テキスト(テロップ)の追加」です

2種類やりますね

1つ目

まず最初に、テキストを入れたい素材があるトラックで
「ビデオトラックの挿入」をしておきます

上にあるトラックの映像が前面に配置されますから、
文字列用のトラックは、載せたい映像の上に作ってください

それからテキストを挿入したい場所あたりに
カーソルを移動しておき、
画面上のメニュー「挿入」から「テキストメディア」をクリック
テキストメディア

すると、こういう↓画面が出るので、
テキストメディアジェネレータ

「サンプルテキスト」を消して、
かわりに表示させたい文字列を入力します

書体、文字サイズ、文字色などを調整できます

テキストが複数行にまたがる場合は、
センタリングや右寄せもできますね

アウトラインは外枠、シャドウは影ですね

入力後に色々変更したい場合は、
範囲選択してから変えてみてください

テキストの色は画面から取り込むこともできます
スポイト」ボタンが使えます
スポイト

これ、統一感出したい時に重宝です~♪(*´▽`*)

で、それぞれの項目の右側に並んでいる、
時計のような方位磁石のような絵のボタンは、
アニメーション」のボタンです
アニメーションボタン

たとえば、「テキストの色」のボタンをオンにすると
こんな↓画面が出てきます
テキストの色アニメーション

カーソルを移動しながら「テキストの色」を変えてやると
こんな風↓になります
テキストの色アニメーション1

時間の経過にあわせて、文字の色が白→ピンク→赤
と変化するようになっています

テキストのイベントはこのようになっています
テキストの色アニメーション2

再編集したい場合は、
生成されたメディア」をクリックしてください

スケール」を使うと、時間軸に沿って
文字列を移動させたりもできますねー

出来上がりはビデオプレビューで確認してください

「アンカーポイント」は良く分からないので省略ね(;´∀`)


じゃ、2つ目の方法~

メディアジェネレータ」を使います
テキストアニメーション

この中の、「クレジットロール」「タイトルおよびテキスト
または「(旧)テキスト」から選びます
メディアジェネレータ
※ 「ProType Titler」は難しそうだったので省略;

で、やっぱりビデオトラックを挿入して、
そこにいずれかから選択したものをドラッグで配置します

「タイトルおよびテキスト」の詳細設定画面は
1つ目のと同じなんですけど、残りの2つが違うんですよね

「クレジットロール」だと、こんな感じ
クレジットロール

テキストのインポート(外部取り込み)ができるんですね
クレジットロール1
テキスト形式(.txt)のみ対応っぽい

なら、メモ帳でまとめておくのが便利そうですね
長くなりそうなので、詳しいことはまた別の機会にでも

「(旧)テキスト」(デフォルト)はこんな風
旧テキスト

この画面で「いいな」と思ったのは、
「配置」と「エフェクト」タブの「変形」ですね

「配置」
配置

「変形」
テキスト変形

配置はまあ、ファインダーで変えてもいいんですが、
変形は面白いですねぇ……オフィスのワードアートみたい

「プロパティ」タブで文字色の変更ができます

ちょっと分かりにくいかなーと思ったのは、
色の変更と明るさの変更ですかね
旧テキスト1
ここにも「スポイト」ボタンがありますよ~

こちらの「アウトライン」には「フェザー」があって
「光彩」効果っぽくできるのがいいですね
旧テキスト2

色々使いたいけど、
色々使うとかえって素人感満載なんですよねぇ(´Д`;)


では最後、「BGMの追加」です

取り込んでおいた音源を、「プロジェクトメディア」から
タイムラインへドラッグします

長さの調整と、フェードイン、フェードアウト、
自動クロスフェードは、ビデオの時と全く同じです

ボリュームを調整する方法は、
おおまかに3つ

・「ボリュームスライダー」を使う
ボリュームスライダ

・「ゲイン」で調整する
ゲイン

でもここって、たいてい最大になってるから音量下げるにしか使えないの?(´・ω・`)

・「ボリューム」プラグインを使う
ボリュームプラグイン

これは、ボリュームスライダーやゲインの最大値を超えて
音を大きくしたい時に利用できます

イベントFX」をクリックします

プラグインの一覧から、
「オーディオ」「すべて」→「ボリューム」を選択
ボリュームプラグイン1
「OK」をクリック

で、バーをドラッグすれば大きくなります
ボリュームプラグイン2
が、正直足りない、ってこともあるんです

そういう場合「プラグインチェーン」が使えます

プラグインチェーン」をクリックします
プラグインチェーン

で、また「ボリューム」を選ぶんですが、
今度は「追加」をクリックしてください
プラグインチェーン1
いくつでもつなげられます(・∀・)

最後に、「OK」をクリック

この画面で、更にそれぞれのボリュームを上げます
プラグインチェーン2

これでかなり大きな音にできますよw

ただし!(`・ω・´)b

音を流してみた時

ビデオプレビューの右側にある
出力メーター」が赤くなっていたら
出力メーター
「音大きすぎ!」ということなので、
ボリュームを抑えましょう~

また、
部分的に音を大きくしたり小さくしたりしたい場合

エンベロープ」を使います

たとえば「音声」と「音楽」両方が流れる動画がある場合
「音声」が流れている時だけ、「音楽」のボリュームを絞りたい、とかいう場合

オーディオトラックのヘッダーで右クリック→
エンベロープの挿入/削除」→「ボリューム
エンベロープ
すると、紺色っぽい線が表示されます

ここでボリューム調整もできます
エンベロープ1

で、この後
右クリック→「ポイントの追加」をします
ポイントの追加
どの部分に追加かは、大体波形を見て判断してもらうということで……

で、追加したポイントをドラッグして、こんな風にすると……
エンベロープ2
部分的に音を小さくすることができます(*´▽`*)

追加したポイントを消す場合は、右クリック→「すべてリセット」です

SONYはもともとAV機器メーカーですから
VegasProも音の編集には強いという評判は聞いているのですが
今はまだこのぐらいで……(;´∀`)

さてさて、これでとりあえず
複数イベントの編集操作はオワリ!

次回は、「ビデオFX」を見ていきます

で、その次にYouTubeアップ編をやったら、
一連のVegas記事は、一旦おしまいにしたいと思いますよ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Search This Blog
Profile

ms.FL(dirae)

Author:ms.FL(dirae)
Today is a good day to die

大航海時代Online→Aion→TERA→
Wizardry Online→ArcheAge→
BnS(真紅)→黒い砂漠

Recent Posts
Recent Comments
Archive
読書メーター
diraeさんの読書メーター
Blog RSS
Twitter
Link
Mail Form

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

QRコード
QR
Counter