身に覚えのない著作権侵害~その1

その1からその3までを予定しています

さて、その1のお題は……
私のブログは私が守る!<(`^´)>

以前、私のブログのいくつかのページが、
あるRMT業者のサイトで丸パクリされていました
詳細は以下の記事↓でどうぞ

【BnS】記事丸パクリされました

Googleに削除申請を出して、グーグルやヤフーの
検索にかからないようにしてもらいましたので、
この件はこれで終わっています

ここで、削除の「根拠法」とされているのが
DMCA(デジタルミレニアム著作権法)です

アメリカの法令ですが、
アメリカの会社だからこれが適用されるのでしょうね

ただ、問題が無いわけでもないようです

DMCA(デジタルミレニアム著作権法)で権利を持ったページが削除
DMCA(デジタルミレニアム著作権法)によって、
著作権上問題無いページも検索結果から消されてしまう事例が増えている事と、
その対応策について説明。


上記の記事では、正当な権利者であるはずの公式サイトのページまでもが、
何者かからの削除申請によって、検索結果から削除されてしまう事態が
起きている、と書かれています

たとえば、ニコニコ動画による公式配信ページなど、です

「1週間に1500万以上のURLに対して削除リクエストが送られて」いるので
おそらく逐一精査して削除しているのではないだろう、と……

そこで!(o・д・)b

誤った削除申請によって、正当なページが検索から消されてしまわないためには
Google Search Console(旧ウェブマスターツール)に
登録をしておくと良いそうです

で、月1回更新するだけw の当ブログですが、一応登録してきました!(〃▽〃)

グーグルサーチコンソール
つまり、グーグルが発行する「証明書」を、
自分のブログに埋め込んでおくわけですね
これによって「ブログの正当な権利者はこの私!」というわけ

発行されたメタタグを、FC2のブログテンプレートで
<head>~</head>の間に貼りつけて、更新
グーグルに戻って「確認」をポチ (。・・)σ

グーグルサーチコンソール2
こんな感じで、登録完了(ノ゚ー゚)ノ☆

(全自動のようで)全く時間はかかりません

これで万が一、どっかの誰かから「削除申請」を出されても
通知が来るようになり、Google Search Console側から
「問題無いコンテンツです!」と主張できるようになります

主張が通れば(わりとすぐ通るそうですが)
また検索にかかるようになります

Google Search Consoleでは他にも色々出来るようですが、
今回は関係ないので、ここまで

その2では、私個人のブログからちょっと離れて、
DMCA(デジタルミレニアム著作権法)がこんな悪用をされているよ(# ゚Д゚)
ということを書きます
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Search This Blog
Profile

ms.FL(dirae)

Author:ms.FL(dirae)
Today is a good day to die

大航海時代Online→Aion→TERA→
Wizardry Online→ArcheAge→
BnS(真紅)→黒い砂漠

Recent Posts
Recent Comments
Archive
読書メーター
diraeさんの読書メーター
Blog RSS
Twitter
Link
Mail Form

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

QRコード
QR
Counter