別ブログ立ち上げ

といってもお引越しではありません

こちらに書いてあったVegasPro13関連の記事とほか少々を、
分けることにしました

このfc2には、Bloggerから越してきたのですが、
その時にあちこち「お試し」してまして……

「お試し」で作ったアカウントがまだ生きてたので、
うちひとつ、amebaで別ブログをスタートさせました

というわけで、もうひとつのブログ

「VegasProでユーチューバー」
http://ameblo.jp/ms-fl
どうぞよろしくです!( *・ω・)*_ _))

上記ブログは停止することにいたしました。
今後は新ブログ「フロリダぶ」をよろしくお願いいたします。


「フロリダぶ」
http://msfl.tokyo/


YouTubeで収益上げてない人間を
ユーチューバーとは言わないだろうけど
まあ、そのへんは勢いというか口が滑った的な……w

こっちのブログよりも、
いくぶん真面目に書いてます

VegasProのキーワードでここに来る人が少しはいるので
Vegas関連の記事削除はちょっと余裕見てやろうと思います

アメブロのほうはアクセス解析見る限りじゃ
ほとんどグーグルボットです(-ω-)

しかも今日になって水商売っぽいところから
「読者になってください」メッセージが届くようにw

あと、ピグがなにげに大変(;'∀')

やらなきゃいいんだけど、
プレゼントが、とか言われたら気になるじゃないですか

でもまあ、気分の続く限りはがんばってみようかと……

いずれ動画(操作解説のね)も上げようと思ってたりもしますよ


しっかしamebaは胡散臭いブログが多いなぁ(;´・ω・)

fc2に言われたかないだろうけどw
スポンサーサイト

自己流 Vegas Pro~高画質でYouTubeにアップ編

VegasPro関連記事は、下記別ブログへ移転します!

「フロリダぶ」
http://msfl.tokyo/

こちらは削除予定ですので、ご留意ください


自己流 Vegas Proも最後の記事になりました

完成した動画を保存してYouTubeにアップするのと、
アップした後、やっておきたいことを書きますね

● 動画の書き出し(レンダリング)

VegasProには、ソフトから直接
YouTubeにアップする機能がついています

アドビのプレミアエレメンツにもありました

が、これは使いません!

理由……時々失敗するのと、失敗した時直すのが面倒

失敗するのは私のスキルが低いからでしょうが、
とにかく「使いません」

一旦、プロジェクトを動画ファイルとしてPCに書き出し、
YouTubeにログインして、そのファイルをアップロードします

一応言っておくと、YouTubeにアップするのと、
DVDに書き出すのでは、形式からして違います

DVDの方はやったことないしやらないと思うので分かりません

詳細に移る前に大事なことを!(。・Д・)b

「なんでこれで高画質になるの?」
とか聞いてはいけません

私にも分かっていませんからw

では

最初にプロジェクトの「プロパティ」を見ておきます

メニューの「ファイル」→「プロパティ
※ ツールバーのボタンでもいいです
プロパティ
それなりに高画質でアップしたい!
と思っているので、こんな感じにしてあります

・幅「1,920」×高さ「1,080」
(元々このサイズで録画しています)

・フレームレート「59.940」

ただ、撮影に使っているGeForce ShadowPlayの設定が
フレームレート30なので、
ここを上げる意味があるのかどうか……(;´・ω・)

・フル解像度のレンダリング画質「最高」

今後もこの設定使いそうだなー、という場合は
名前を付けて「テンプレートの保存」をしておきます


次に、「レンダリング」です

今回保存したいのはこちら↓です
全部で7秒の短い動画
レンダリング
この時、書き出したい部分を範囲選択しておきます

ドラッグを使って、黄色い三角マークを
動画の最初と最後に合わせておいてください

ループリージョン」といいます

次に、メニューの「ファイル」から「名前を付けてレンダリング
※ ツールバーのボタンでもいいです

これが「名前を付けてレンダリング」の画面ですが
名前を付けてレンダリング

やることたくさんあります(`・ω・´)

まず、保存先とファイル名を指定します

ここではかなり適当な名前になっていますが、
日本語だと思わぬところでエラーになったりするので
私はたいてい半角英数字の名前にしてます

この時、タイムラインで範囲選択がされていれば、
ちょっと下にスクロールすると
「レンダリングオプション」という項目があって、
ループリージョンのみレンダリング」に
チェックが入っているはずです
ループリージョンのみレンダリング
なかったら、チェックオンにします

※ 元々幅「1,920」×高さ「1,080」で作っているのでストレッチはしませんが、
 DVDにする時なんかは、ここにチェックをいれるみたいです


次に、テンプレートを変更します

一覧から「インターネットHD 1080p」を選択し、
テンプレートのカスタマイズ」をクリック
テンプレートのカスタマイズ

すると、こういう画面が出ます
ビデオ
下の方を見ると、「ビデオ」タブとなっています

ここで、やはり名前を変えて保存してしまいます

それから、以下の設定をします

・フレームレート「59.940000」

これは選択肢に無いので、自分で数値を直接打ちます
60と打てば、自動的に上の数字になりますよ

・可変ビットレート「2パス」チェックオン
 最大 50,000,000
 平均 28,000,000

※ ただし、ここをチェックオンにすると、
 レンダリングに時間がかかるようになる、らしい……


・エンコードモード
 「GPUがある場合、CUDAを使用してレンダリングする」

※ 動作を助けるための項目ですが、
 グラボがGeForceじゃないと意味ないみたいです


 これが使えるかどうかは、「システム」タブで確認ができます
GPU.jpg
こうなったら大丈夫

・「プロジェクト」タブで「ビデオレンダリング画質」を「最高」に
ビデオレンダリング画質

んで、色々設定を変えたら「OK」して戻り、
下にある「レンダリング」ボタンをクリックします

これで完了すれば、
指定した保存先に動画ファイルが出来上がっているはずです

ファイル形式はMP4です

私のパソコン環境だと、
この設定でレンダリングにかかった時間は1分35秒でした
ファイルサイズは23.5MB

※ もし、PC環境の兼ね合いでレンダリング途中で固まるという場合は
メニューの「オプション」→「ユーザー設定」の「ビデオ」タブで
「GPUによるビデオ処理の高速化」をオフにするとうまくいくこともあるようです

ユーザー設定ビデオ


●スナップショット(静止画)作成

YouTubeにアップする前に、
「カスタムサムネイル」を用意します

ブログやサイトなどの外部リンクや、
おすすめ動画リストなどに表示されるのがこの画像になりますから、
なるべくなら用意して使いたいところです

以前は結構キビシイ利用基準があったみたいですが、
現在ではわりと誰でも使えると思います

ここでは、動画から画像(静止画)を用意しますね

「ビデオプレビュー」の上に、
スナップショットをファイルに保存」ボタンがあるので
スナップショットをファイルに保存
サムネイル画像として使いたいシーンでクリック

ファイル形式は、JPEGとPNGが選べるようです

「わー便利ー」と思ったのは、保存した瞬間、
「プロジェクトメディア」にも表示されるところ
カスタムサムネイル1

プレミアエレメンツの時はいちいち呼び出してて
それが地味に面倒だったんですよねぇ

今にして思えば、設定で変えられたのかもしれないけど……

で、保存された画像をまたタイムラインに取り込んで、
文字を追加したり少し手を加えて、
もう一度スナップショットとして保存したのがこちら↓です
top.jpg

さて、次にYouTubeにログインします

「クリエイターツール」の「アップロード」で
「公開」「限定公開」「非公開」のいずれかにしてから
アップしたい動画を選択

自動的にアップロードが始まるはずです

用意した数秒程度の画像なら、
回線速度にもよると思いますが、
10分かからず完了するはずです

しかし「非公開」と「限定公開」とは何ぞや

ちょっと調べてみましたが、
Google+のIDやサークル名で共有先を選べるのが「非公開」

動画のアドレスを知っている人なら
誰でも見られるのが「限定公開」
検索結果や関連動画には表示されない形式

……らしいです

で、あとは、基本情報やタグを入力したり
基本情報

用意しておいたカスタムサムネイル用の画像を
取り込んだりします
カスタムサムネイル2

はい、これで完了でーす!(∩´∀`)∩


では、これにてVegasPro13の記事はひとまず終了
私がんばった!(`・ω・´)

どなたかの、何かのお役に立てば幸いです

※ もし間違いがありましたら、ご指摘頂けるとありがたいです |д゚)



まあ、ブログ記事なので、日にちと共に
どんどん流れて行ってしまうわけで

せっかく書いたのにちょっともったいないかな~
と思ったので、あとで別の形にまとめる予定です

その際には、こちらのVegas記事は消すことになるだろうと思います
マルチ好きじゃないし……

詳細はまた後日あらためて(。・∀・)ノ


次回は、こんな感じで試行錯誤しながら作った
黒い砂漠の動画をアップしますよ!(*´▽`*)

自己流 Vegas Pro~ビデオFXなど

VegasPro関連記事は、下記別ブログへ移転します!

「フロリダぶ」
http://msfl.tokyo/

こちらは削除予定ですので、ご留意ください


今回は、映像に様々な効果(エフェクト)をつける
ビデオFX」などについて書いていきます(。・∀・)ノ

エフェクトの前に、
不透明度」について軽く触れておきますね

文字通り、映像の「透明度」のことです

タイムラインに挿入した映像は通常このように
「不透明度100%」になっています
不透明度

この、赤い丸で囲んだところをドラッグすると
透明度を上げることができます

不透明度を下げると、こんな風にどんどん暗くなります
不透明度1

「不透明度だけ」で何かをすることは、
たぶん、あんまり無いですよねー……(´-`).。oO

映像を2つ重ねる使い方になるだろうと思います

そこで、「ビデオFX」です

まず、こちらをご覧ください
不透明度2
センスの有無は置いておいていただくとしてw

これはどうなっているかというと、
こういう風に3つの素材を重ねてあります
不透明度3

1つめと2つめの素材は、
パワポでぱぱっと作りましたPNG画像(静止画)です
カラーグラデーション文字列
カラーグラデーション
※ 長さやサイズはもちろんそろえてあります

それを、1つ目は不透明度65%に、
2つ目は不透明度50%にして
背後の映像が見えるようにしてあります

で、3つ目の素材は
「ビデオFX」を使い、モノクロとノイズで荒い画像にしてあります

「ビデオFX」タブから、「モノクロ」と「ノイズの追加」を
それぞれタイムライン上のイベントへドラッグしました
ビデオFX

で、縁のあたりが暗くなっていますが
これは「イベント パン/クロップ」を使っています

イベント パン/クロップ」をクリックし、
下にある「マスク」にチェックを付けます
マスク

そうすると、楕円や長方形のツールが選択できるようになるので
楕円を選んで、映像上の適当なところでドラッグします

この時点では、こういう風に↓
マスク1
ハッキリとした楕円になってしまうので

「フェザータイプ」から「両方」を選択し、
「フェザー(%)」でぼかしてあります

ちなみに、「FXに適用」を「はい」にすると、
楕円の中か外にのみ、エフェクトを設定することができます
(「モード」の正か負で切り替え)

Vegas Proでは、「トラック」「イベント」
「メディアファイル」「プロジェクト」の
4か所にエフェクトを適用できます

ここに書いたのは「イベント」のみですが……w



ゲーム動画を撮っている限り手ぶれは無いのでいいのですが、
現実にビデオ撮影してたりすると
確実に使うだろうなと思うのが「手ぶれ補正」ですね
手ぶれ補正

たぶん他のソフトだと「スタビライザー」とか使うと思いますが、
VegasProにはそのものズバリ「手ぶれ補正」なるエフェクトがついています

どの程度補正されるかは、実際には使ってないのでわかりませんw

動画中、部分的に補正をかけたい場合は、補正したい部分をあらかじめ「分割」しておき
右クリック→「サブクリップの作成
サブクリップの作成

「プロジェクトメディア」にサブクリップが追加されているはずなので、
そのサムネイル上で右クリック→「ビデオFX

それから「Sony手ブレ補正」を選択し、「OK」
手ぶれ補正1

これで、「プロジェクトメディア」上のサブクリップには補正がかかっているはずなので
タイムライン上のイベントと入れ替えます

入れ替える場合は、「プロジェクトメディア」からサブクリップを、
入れ替えたいイベントまで右ドラッグします

メニューが表示されますので、そこから「テイクとして追加
テイクとして追加
これで入れ替え完了です

「サブクリップの作成」と「テイクとして追加」はなかなか便利ですね


今回は、ここまで~

次はいよいよ最後、YouTubeにアップ編です!(。・∀・)ノ

自己流 Vegas Pro~プロジェクトのネスト、文字入力、BGM

VegasPro関連記事は、下記別ブログへ移転します!

「フロリダぶ」
http://msfl.tokyo/

こちらは削除予定ですので、ご留意ください


編集の部分もやっと終わりが見えてきました(*´-д-)フゥ-3

今回は
5) 複数のプロジェクトを組み合わせ(ネスト)
6) テキストの追加
7) BGMの追加


では早速
複数「プロジェクトの組み合わせ(ネスト)」から

VegasProでは、複数のプロジェクトを
タイムラインで組み合わせて、
イベントのように扱うことができます

これを「プロジェクトのネスト」といいます

すでに別のプロジェクトを保存済の場合は
こういうアイコンのファイルが出来上がっているはずなので
プロジェクトアイコン
動画素材と同じように、「プロジェクトメディア」へ取り込みます

難しいことは何もなさそうですが、
私の場合、同じトラックに複数のプロジェクトを混在させると
音声が歪むという現象が出ました

ので、トラックを新規に追加して、
そこに取り込むことで回避しました

トラックヘッダーで右クリック→「ビデオトラックの挿入」
ビデオトラックの挿入

それから、取り込んだプロジェクトをタイムラインへドラッグします
オーディオトラックも自動的に追加されます

あとは、通常のイベントと同じように編集できます

プレミアエレメンツではこれができなくて、
作品によってはタイムラインがなが~くなっちゃって、
編集が大変だったし、メモリ不足で固まるようになって困ったので
個人的にはとてもうれしい機能です(>▽<)

これだけでも変えた価値があるw



では次に、「テキスト(テロップ)の追加」です

2種類やりますね

1つ目

まず最初に、テキストを入れたい素材があるトラックで
「ビデオトラックの挿入」をしておきます

上にあるトラックの映像が前面に配置されますから、
文字列用のトラックは、載せたい映像の上に作ってください

それからテキストを挿入したい場所あたりに
カーソルを移動しておき、
画面上のメニュー「挿入」から「テキストメディア」をクリック
テキストメディア

すると、こういう↓画面が出るので、
テキストメディアジェネレータ

「サンプルテキスト」を消して、
かわりに表示させたい文字列を入力します

書体、文字サイズ、文字色などを調整できます

テキストが複数行にまたがる場合は、
センタリングや右寄せもできますね

アウトラインは外枠、シャドウは影ですね

入力後に色々変更したい場合は、
範囲選択してから変えてみてください

テキストの色は画面から取り込むこともできます
スポイト」ボタンが使えます
スポイト

これ、統一感出したい時に重宝です~♪(*´▽`*)

で、それぞれの項目の右側に並んでいる、
時計のような方位磁石のような絵のボタンは、
アニメーション」のボタンです
アニメーションボタン

たとえば、「テキストの色」のボタンをオンにすると
こんな↓画面が出てきます
テキストの色アニメーション

カーソルを移動しながら「テキストの色」を変えてやると
こんな風↓になります
テキストの色アニメーション1

時間の経過にあわせて、文字の色が白→ピンク→赤
と変化するようになっています

テキストのイベントはこのようになっています
テキストの色アニメーション2

再編集したい場合は、
生成されたメディア」をクリックしてください

スケール」を使うと、時間軸に沿って
文字列を移動させたりもできますねー

出来上がりはビデオプレビューで確認してください

「アンカーポイント」は良く分からないので省略ね(;´∀`)


じゃ、2つ目の方法~

メディアジェネレータ」を使います
テキストアニメーション

この中の、「クレジットロール」「タイトルおよびテキスト
または「(旧)テキスト」から選びます
メディアジェネレータ
※ 「ProType Titler」は難しそうだったので省略;

で、やっぱりビデオトラックを挿入して、
そこにいずれかから選択したものをドラッグで配置します

「タイトルおよびテキスト」の詳細設定画面は
1つ目のと同じなんですけど、残りの2つが違うんですよね

「クレジットロール」だと、こんな感じ
クレジットロール

テキストのインポート(外部取り込み)ができるんですね
クレジットロール1
テキスト形式(.txt)のみ対応っぽい

なら、メモ帳でまとめておくのが便利そうですね
長くなりそうなので、詳しいことはまた別の機会にでも

「(旧)テキスト」(デフォルト)はこんな風
旧テキスト

この画面で「いいな」と思ったのは、
「配置」と「エフェクト」タブの「変形」ですね

「配置」
配置

「変形」
テキスト変形

配置はまあ、ファインダーで変えてもいいんですが、
変形は面白いですねぇ……オフィスのワードアートみたい

「プロパティ」タブで文字色の変更ができます

ちょっと分かりにくいかなーと思ったのは、
色の変更と明るさの変更ですかね
旧テキスト1
ここにも「スポイト」ボタンがありますよ~

こちらの「アウトライン」には「フェザー」があって
「光彩」効果っぽくできるのがいいですね
旧テキスト2

色々使いたいけど、
色々使うとかえって素人感満載なんですよねぇ(´Д`;)


では最後、「BGMの追加」です

取り込んでおいた音源を、「プロジェクトメディア」から
タイムラインへドラッグします

長さの調整と、フェードイン、フェードアウト、
自動クロスフェードは、ビデオの時と全く同じです

ボリュームを調整する方法は、
おおまかに3つ

・「ボリュームスライダー」を使う
ボリュームスライダ

・「ゲイン」で調整する
ゲイン

でもここって、たいてい最大になってるから音量下げるにしか使えないの?(´・ω・`)

・「ボリューム」プラグインを使う
ボリュームプラグイン

これは、ボリュームスライダーやゲインの最大値を超えて
音を大きくしたい時に利用できます

イベントFX」をクリックします

プラグインの一覧から、
「オーディオ」「すべて」→「ボリューム」を選択
ボリュームプラグイン1
「OK」をクリック

で、バーをドラッグすれば大きくなります
ボリュームプラグイン2
が、正直足りない、ってこともあるんです

そういう場合「プラグインチェーン」が使えます

プラグインチェーン」をクリックします
プラグインチェーン

で、また「ボリューム」を選ぶんですが、
今度は「追加」をクリックしてください
プラグインチェーン1
いくつでもつなげられます(・∀・)

最後に、「OK」をクリック

この画面で、更にそれぞれのボリュームを上げます
プラグインチェーン2

これでかなり大きな音にできますよw

ただし!(`・ω・´)b

音を流してみた時

ビデオプレビューの右側にある
出力メーター」が赤くなっていたら
出力メーター
「音大きすぎ!」ということなので、
ボリュームを抑えましょう~

また、
部分的に音を大きくしたり小さくしたりしたい場合

エンベロープ」を使います

たとえば「音声」と「音楽」両方が流れる動画がある場合
「音声」が流れている時だけ、「音楽」のボリュームを絞りたい、とかいう場合

オーディオトラックのヘッダーで右クリック→
エンベロープの挿入/削除」→「ボリューム
エンベロープ
すると、紺色っぽい線が表示されます

ここでボリューム調整もできます
エンベロープ1

で、この後
右クリック→「ポイントの追加」をします
ポイントの追加
どの部分に追加かは、大体波形を見て判断してもらうということで……

で、追加したポイントをドラッグして、こんな風にすると……
エンベロープ2
部分的に音を小さくすることができます(*´▽`*)

追加したポイントを消す場合は、右クリック→「すべてリセット」です

SONYはもともとAV機器メーカーですから
VegasProも音の編集には強いという評判は聞いているのですが
今はまだこのぐらいで……(;´∀`)

さてさて、これでとりあえず
複数イベントの編集操作はオワリ!

次回は、「ビデオFX」を見ていきます

で、その次にYouTubeアップ編をやったら、
一連のVegas記事は、一旦おしまいにしたいと思いますよ

自己流 Vegas Pro~画面の拡大縮小など(パン、ズーム、クロップ)

VegasPro関連記事は、下記別ブログへ移転します!

「フロリダぶ」
http://msfl.tokyo/

こちらは削除予定ですので、ご留意ください


はい、今回は、
4)画面の拡大縮小など(パン、ズーム、クロップ)

ほんとはこれ、複数のイベントに関わるワケじゃないから
ここにあるの、流れ的におかしいんだけどね

間違えちゃった……(・・*)ゞ
ま、いいやw

早速始めます(。・∀・)ノ

最初に一応、用語の説明をね……
といっても、専門家でもなんでもないので
雰囲気でw

・パン……カメラを左右(上下)に振ること
・ズーム……被写体に徐々に寄って拡大していくこと
・クロップ……画面の切り取り

ざっとこんな感じで

正確には違うとか、別の言い方をするとかあるようですが
その辺は各自、脳内で補完をかけてくださいませ

で、VegasProで最初戸惑うのは、
「まさにカメラを動かしてる」感じになってること

プレミアプロとかだと、
被写体を、ガッと掴んで動かしてるイメージなんですが
Vegasは逆なんですね

で、本題に入りますが、ちょっと順番変えまして

最初は「拡大縮小」と「クロップ」、次に「ズーム」
それから「パン」を見ていきますね~

タイムラインに取り込んだ動画素材には、
こういうマークが出ています
イベントパンクロップ
左が「イベント パン/クロップ」、右が「イベント FX」

イベントFXについては、また後ほど別の回で触れることにしまして
今回使うのは「イベント パン/クロップ」です

黒い砂漠は、ゲーム内にパンの機能があるので
Vegasの方では出番があんまりないんですけどね……

「イベント パン/クロップ」をクリックすると、
こんな↓画面になります
ビデオイベントFX
「F」はファインダーの「F」みたいです

フレームかと思ってた……違うんだね(´・ω・`)

※ スクリーンショットとかだと問題ないんですが、
普通の写真とか取り込んだ場合、
上にある「プリセット」から16:9に画角を変更してください


で、拡大または縮小したい場合、
画面の周りにある、白い四角(□)にマウスを合わせてドラッグします
サイズ変更ハンドル

オフィスソフトだと「サイズ変更ハンドル」っていう名前だけど
Vegasだとなんて言うんだろうね


オフィスソフトに慣れてると、角のとこのハンドル(□)じゃないと
縦横比率変わっちゃうでしょ……と思いがちですが、Vegasは違います

なぜなら「アスペクト比のロック」がされているから

ここです↓
アスペクト比のロック

ここがオンなら、
どこのハンドル(□)でドラッグしても、拡大縮小できます

「アスペクト比のロック」をオフにすると、
縦横の比率は変わりますが、
この時、中の画像の縦横比には影響しません!(☆∀☆)
アスペクト比ロックオフ

まぁぶっちゃけ、これが「クロップ」ですw

「アスペクト比のロック」オン→拡大縮小
「アスペクト比のロック」オフ→クロップ(切り取り)

ってことね

で、この状態のままファインダーを移動させますが
この時、左右には動かしたいけど上下には動かしたくない場合
左右にしか動かないように、設定を切り替えておきます

※ 左右の矢印「←」「→」キーを使っても動かせます
SHIFTキー+矢印キーで細かく動きます

X方向にのみ移動」という状態にします
X方向にのみ移動

それからファインダーをドラッグすると、こんな感じ↓
X方向にのみファインダー移動

つまり、映し出してる場所は変わるけれども、
画像そのものは中央にデン、と座ったまま動きません
じゃあ、画像そのものの位置を変えたい場合はどうするか

トラックモーション」というのを使います

トラックリストから「トラックモーション」ボタンをクリックします
トラックモーション

こんな画面が出ますので、
枠線をドラッグして動かします
トラックモーション1

左に動かすとこんな感じになります
トラックモーション2

上下に動かしたくない場合は、
「位置」欄の「Y」の値をゼロにします

で、動画素材をこんな感じに重ねて
トラックモーション3

同じ手順で、下の動画素材のサイズを変更して
右端に寄せると、こんな風↓になります
トラックモーション4
サイズがちょっと揃ってないけど……キニシナイw

これらを利用して、「ピクチャーインピクチャー」を作ることもできます
動画の中に動画があるのが、ピクチャーインピクチャーです
ピクチャーインピクチャー
こういうやつね


※ トラックモーションのみで拡大縮小やズーム可能、という説明も見た気がしますが
正直使ってないので……(´Д`;)



では、お次は「ズーム」です

イベント パン/クロップ」をクリックしまして、
見るのは、ウィンドウの下の部分です
ズーム
まず、現在はカーソルが動画の始点、一番左にある状態です

次に、カーソルを一番右まで移動して、
ファインダーを小さくします
ズーム1

この時、「アスペクト比のロック」はオンにしておいた方がいいです

これで「ズーム」になります

自動的に最後の部分には、
キーフレーム」というのが追加されています

◇←こういうマークが出てますよね、これのことです

これをDELキーで削除すると、ズームも解除になりますよ


でもって、最後は「パン」です

基本的に、やることはズームと変わりません
モーショントラックは使いません

まず最初はこういう感じで、ファインダーを左に寄せます
X方向にのみ移動」にしておくといいですよ
パン

それから、カーソルを最後に移動して、
ファインダーも右端に寄せておきます
パン1

これで左から右へ、カメラが動くはずです
ビデオプレビューで確認してみてください

で、追加というか、補足というか……

まずこの画面ですが、真ん中らへんで、
キーフレームを作成」してあります
パン2
で、時間軸にそって、V字型にカメラが動くようにしてあります

一旦底を打って、また上がっていくように動作するんですけど
ちょっとカクカクするなーと思ったら……

キーフレーム補間」というところの値を大きくしてください
スムーズ

これでスムーズに動くようになりますよ(*´▽`*)

で、色々やったけど、やっぱ全部ナシ! ていう時は
プリセット」から「(デフォルト)」を選んでください
元に戻せます

「元に戻す」(CTRL+Z)でも1つずつ戻せるけどね(・∀・)

「モーショントラック」は「モーショントラック」で別なので、
解除は「モーショントラック」の画面で「デフォルト」にしてね


では、今回はここまで~

次回は
5) 複数のプロジェクトを組み合わせ(ネスト)
6) テキストの追加
7) BGMの追加


まで、一気にやりますよ(`・ω・´)
NEXT≫
Search This Blog
Profile

ms.FL(dirae)

Author:ms.FL(dirae)
Today is a good day to die

大航海時代Online→Aion→TERA→
Wizardry Online→ArcheAge→
BnS(真紅)→黒い砂漠

Recent Posts
Recent Comments
Archive
読書メーター
diraeさんの読書メーター
Blog RSS
Twitter
Link
Mail Form

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

QRコード
QR
Counter